アートメイクについて

毎朝化粧に家事にと、とにかく忙しい女性の生活が少しでも楽になるようにと、これ1つでOKというキャッチフレーズに惹かれてBBクリームを揃えてみたり、手抜き家事のイロハを学んでみたりと涙ぐましい努力を重ねている女性は多い事でしょう。家事もさることながら化粧の大変さは多くの女性が身に染みているはずです。ほんとうはすっぴんで外出したいのが山々ですが、女優のように透けるような肌を手に入れるのは大変です。

そうした女性たちの悲鳴を受けて彗星のごとくに表れたのがアートメイクです。アートメイクは皮膚のごく浅い層に色素を埋め込んでいく広義のタトゥーです。針と麻酔を使っての施術になりますから当然ながら美容外科での施術になります。これまでプチ整形のようにメスを入れて顔の作りを変えていくのと違って、本体はそのままにうっすらと色を付けていきますからメークの時間が短縮できますし、憧れのすっぴんでいられるのです。これはとても画期的なメイク方法です。

実際仕事から帰ってきてやれやれと化粧を落とした直後に飲みに誘う電話をもらって、あわててメイクをし直したという経験がだれでも1回はあるはずですし、急な来客で化粧をする時間もなくあわてたという人もいたことでしょう。アートメイクは水で洗っても簡単には落ちませんから化粧直しも不要になります。メイクは意外と技術がいるのも事実で、不器用な人だときれいに紅を引くことができずに涙目になってしまう事もしばしばですが、そうした苦労もいらないのです。